三相交流可変周波数電源装置

設備・装置名 三相交流可変周波数電源装置
技術相談 可能
共同研究 要相談
管理担当者 主担当:電気情報工学科
設置場所 電気情報工学科棟1階電気機械実験室
仕様

(1)振幅分解能が16bit、波形長が4096ワードの任意出力電圧波形をコントロールソフトウェアを使用して作成し、出力可能。

(2)直流、単相2線(9kVA)、単相3線(6kVA)、三相4線(Y結線9kVA)のマルチ出力設定が可能。

(3)周波数設定範囲はACモードにおいて40Hz~550Hz、AC+DCモードにおいては1Hz~550Hz。出力電圧設定範囲は、200Vレンジにおいて0~330V、0~880Vp-p(任意波形)

主な用途

(1)試作機器における停電、電圧上昇、電圧低下、位相急変、周波数急変などの各種電源ラインの異常シミュレーション。

(2)電力フィルタ等の周波数特性試験。

キーワード 可変周波数、三相、単相、電源

設備の画像

 

Contact お問い合わせ

疑問などありましたらお気軽にお尋ねください。

ニーズ・シーズ調査フォームへ

参加申請フォーム(募集中)へ

お問い合わせフォームへ

address 連絡先

秋田工業高等専門学校
COC+事務局

〒011-8511
秋田県秋田市飯島文京町1番1号

TEL:018-847-6108(COC+事務局)
FAX:018-857-3191

Contact お問い合わせ

このページの先頭へ戻る