ガスクロマトグラフ付き質量分析装置

設備・装置名 ガスクロマトグラフ付き質量分析装置
技術相談 可能
共同研究 可能
管理担当者 主担当:横山保夫
副担当:鈴木祥子
設置場所 物質工学科棟2F,構造解析室
仕様

(1) PARUM 2(Shimadzu)

(2) m/z=50~800

(3) ガスクロマトグラフで混合物を分離しながら、それぞれの化合物の質量スペクトルを測定可能,ガスクロマトグラフの分離条件の設定が可能,ガスクロマトグラフで分解する化合物は,直接導入法により質量スペクトルを測定可)

主な用途

(1)質量測定による有機化合物の同定(分子量、フラグメントイオンの検出による)

(2)同測定による,化合物の純度の測定

(3)素反応の反応速度の測定

キーワード 質量分析,ガスクロマトグラフ,化合物同定,純度決定,反応速度

設備の画像