鉛をベースとする新しいアノード材の開発

顔写真

氏名
野坂肇
E-mail
nozaka@akita-nct.ac.jp
職名
教授
学位
博士(工学)
所属学会・協会
資源・素材学会、電気化学会
キーワード
電解採取、アノード、耐食性試験、無電解ニッケルメッキ
技術相談
提供可能技術
-

研究内容

 1.亜鉛電解採取法のアノードとして用いられている鉛―銀合金にさらに合金元素を添加し、耐食性に優れ、しかも電解電圧の低いアノードの開発を行なっています。また、新しい機能を有する多元系鉛合金の開発についての研究も行なっています。

2.亜鉛電解採取に関連して、硫酸酸性水溶液中におけるMn(Ⅱ)イオン、Mn(Ⅲ)イオン、過マンガン酸イオン、及び酸化マンガン(Ⅳ)の挙動について研究を行なっています。

3.次亜リン酸イオンを還元剤とする無電解ニッケルメッキ法では、Pdを触媒として用いるのが一般的ですが、最近ではPdを用いない方法がいくつか報告されています。触媒としてCuを用い、工程の簡素化や溶液の安定性も含めたコストの低減を目的として研究を行なっています。

提供可能な設備・機器

名称・型番(メーカー)
-  

Contact お問い合わせ

疑問などありましたらお気軽にお尋ねください。

ニーズ・シーズ調査フォームへ

参加申請フォーム(募集中)へ

お問い合わせフォームへ

address 連絡先

秋田工業高等専門学校
COC+事務局

〒011-8511
秋田県秋田市飯島文京町1番1号

TEL:018-847-6108(COC+事務局)
FAX:018-857-3191

Contact お問い合わせ

このページの先頭へ戻る