未来を拓く次世代エネルギー開発

顔写真

氏名
浅野清光
E-mail
asano@akita-nct.ac.jp
職名
嘱託教授
学位
工学博士
所属学会・協会
日本加速器学会,応用物理学会,電気学会,日本真空学会,日本材料科学会,日本表面科学会,高エネルギー物理学研究者会議,素材物性学会
キーワード
RFマグネトロンスパッタリング,金属薄膜/半導体接触,太陽電池,加速器,酸化チタン薄膜ほか
技術相談
提供可能技術
・RFマグネトロンスパッタ法
・薄膜表面界面構造制御技術
・電子分光,電子物性
・超高真空システム,電界放出
・超伝導高周波加速空洞,極低温
・ILC
・金属薄膜/半導体接触界面
・半導体デバイス
・光触媒
・オゾン応用

研究内容

未来を拓く次世代エネルギー 未来をつくるプラズマ 宇宙創生の一瞬に迫る 1.色素増感フレキシブル太陽電池の開発  有機導電性フィルム上に酸化チタン系ナノ薄膜と可視光に対する光吸収を高めるために色素(無機)をスパッタして高変換効率のフレキシブル太陽電池を開発。 フレキシブル太陽電池の開発と応用。宇宙太陽光発電。マイクロ波。 2.次世代パワー半導体SiCの電気的特性に関する研究  MOS電界効果トランジスタ等の次世代半導体SiCパワーデバイスに対するオーミック電極薄膜のため、低接触抵抗率の金属ナノ薄膜を半導体表面上に作製して、接触界面の電気的特性に対するショットキー障壁形成機構を研究。その他、半導体ナノエレクトロニクス、量子効果半導体、超高効率太陽電池。量子論的トンネル効果。 3.水素エネルギーに関する研究―電気自動車用高圧水素容器の開発  HDPEへの水素透過性の低い弾力性薄膜作製技術、円筒内部への同軸型スパッタリング、水素エネルギー社会。 水素利用技術。光触媒利用水素発生技術。 4.RFマグネトロンスパッタ法による抗血液凝固性医療器具の開発  セリウム薄膜を耐熱温度の低い医療器具(血液バッグ、人工透析、人工心臓、人工血管等)へコーティング技術。 5.リニアコライダー用加速管の高電界化に関する研究  国際リニアコライダー(ILC)計画の実現。超高真空システム技術。 超伝導高周波加速空洞。真空の揺らぎ。超伝導高周波特性の高性能化と表面処理技術。高圧ガス安全管理と液体ヘリウム技術。宇宙誕生直後をつくる。 6.JST「秋田県地域結集型共同研究事業」として「次世代磁気記録技術と脳医療応用技術開発」  真空製膜研究会、抗菌殺菌清浄化技術研究会、新事業創出育成事業(ICR)、産学官連携支援事業、KEK共同研究、秋田県委託研究、国立高等専門学校教育改善プロジェクト、学科横断型プロジェクト研究「ナノテクノロジーを用いた次世代生産技術の創生」、「オゾンを応用した新技術開発」で大学や企業との共同研究、大学医学部等との共同研究「高効率光触媒酸化チタン系薄膜の殺菌効果を医療器具へ応用」。オゾン水技術。

「今、我々は何をなすべきか?」 ―さらなる未知の世界に向かって、原理を応用して人や社会に役に立つ技術開発を目指す― 「巨大加速器」への夢 ― 宇宙誕生の謎に迫る! 宇宙創生の一瞬をつくる! 高エネルギー加速器の挑戦は続く! 未来を切り拓く教育―自ら学習する習慣 確かな学力 総合的な人間力 社会人基礎力 学ぶ意欲を育てる 国際化・情報化社会における心の教育 科学技術に学ぶ心の教育

提供可能な設備・機器

名称・型番(メーカー)
RFマグネトロンスパッタ装置(アルバック) 電流-電圧特性自動計測(手製)
光・電子デバイス物性解析システム(アジレントテクノロジー)  

Contact お問い合わせ

疑問などありましたらお気軽にお尋ねください。

ニーズ・シーズ調査フォームへ

参加申請フォーム(募集中)へ

お問い合わせフォームへ

address 連絡先

秋田工業高等専門学校
COC+事務局

〒011-8511
秋田県秋田市飯島文京町1番1号

TEL:018-847-6108(COC+事務局)
FAX:018-857-3191

Contact お問い合わせ

このページの先頭へ戻る