環境対応型のセパレーションシステムの構築

顔写真

氏名
榊秀次郎
E-mail
sakaki@akita-nct.ac.jp
職名
教授
学位
博士(学術)
所属学会・協会
高分子学会,日本化学会
キーワード
高分子,酵素,臨床診断
技術相談
提供可能技術
・高分子合成,高分子物性技術
・酵素の有効利用技術
・臨床診断技術

研究内容

本研究では、汚染物質を酵素の特異性により物質変換し、分離・無害化できる新しい環境対応型のセパレーションシステムを構築するための膜素材の合成と評価を行う。 ホルムアルデヒドは、接着剤硬化剤や繊維改質剤として、医療現場では殺菌剤として利用されているが、シックハウス症候群の原因物質であり、特異的に分離・無毒化できる方法の開発が必須となっている。 そこで本研究では、この社会的問題を解決するために酵素の特異性を利用し、空気中にて長期作動することが可能で、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを安全な化合物に完全分解できる新規浄化システムを構築することを目的とする。 「ホスホリルコリン基含有高分子」とホルムアルデヒド分解酵素を用い、「ホルムアルデヒドを安全な化合物に変換(分解)可能な新規プロセスの構築を行い、ホルムアルデヒドをギ酸に、ギ酸を炭酸ガスと水に分解する」ことを目指す。 更に、「酵素フィルムのナノファイバー化」を行い、高効率なホルムアルデヒド分解可能なナノファイバーを目指す。 sakaki3

提供可能な設備・機器

名称・型番(メーカー)
Gel Permeation Chromatography (GPC)システム  

Contact お問い合わせ

疑問などありましたらお気軽にお尋ねください。

ニーズ・シーズ調査フォームへ

参加申請フォーム(募集中)へ

お問い合わせフォームへ

address 連絡先

秋田工業高等専門学校
COC+事務局

〒011-8511
秋田県秋田市飯島文京町1番1号

TEL:018-847-6108(COC+事務局)
FAX:018-857-3191

Contact お問い合わせ

このページの先頭へ戻る