コンクリートのリサイクル技術の開発

顔写真

氏名
桜田良治
E-mail
sakurada@akita-nct.ac.jp
職名
教授
学位
博士(工学)
所属学会・協会
土木学会、ナノ学会、セメント協会、日本コンクリート工学協会
キーワード
コンクリートのリサイクル、セメントクリンカー、コンクリートの補修・補強、コンクリートの耐久性
技術相談
提供可能技術
・コンクリートのリサイクル技術の開発
・第一原理計算によるセメントクリンカーの結晶構造解析
・FRP連続繊維によるコンクリート構造物の補修・補強技術の開発
・コンクリート構造物の耐久性向上技術の開発

研究内容

戻りコンクリートを高付加価値で再生利用する技術の開発

 建設現場で余剰となった戻りコンクリートや製造プラントや運搬車のドラム洗浄などで生じる残渣は、再利用が難しく殆どが産業廃棄物となっている。この発生量は、県内においては年間約3,700m3であり、近年の産業廃棄物処理場の狭隘化や処分費用の高騰、さらに環境保全という観点から、処理場の延命化から課題となっている。このため、コンクリート資源の循環するシステムの確立が求められ、産業廃棄物の減量化に向けた、新たな付加価値の高い再資源化技術が必要とされている。
 本研究では、フレッシュ状態にある戻りコンクリートの全量を造粒処理する方法(図1,図2)による、再生骨材(以下IWA骨材という)の造粒技術に、生コンクリートプラントの残渣及びフライアッシュ処理の課題を取込み、新たな再生コンクリートの製造技術を確立することを目的とする。本研究で開発するIWA骨材による再生コンクリートの付加価値を高めることで、被災地域の骨材不足の解消にも貢献し、将来的にJIS製品として鉄筋コンクリート構造物等への適用を目指す基盤とする。

提供可能な設備・機器

名称・型番(メーカー)
コンピュータ制御万能試験機 モルタル全自動圧縮試験機

Contact お問い合わせ

疑問などありましたらお気軽にお尋ねください。

ニーズ・シーズ調査フォームへ

参加申請フォーム(募集中)へ

お問い合わせフォームへ

address 連絡先

秋田工業高等専門学校
COC+事務局

〒011-8511
秋田県秋田市飯島文京町1番1号

TEL:018-847-6108(COC+事務局)
FAX:018-857-3191

Contact お問い合わせ

このページの先頭へ戻る