磁性体と誘電体のナノ構造・機能性制御

顔写真

氏名
丸山耕一
E-mail
maruko@akita-nct.ac.jp
職名
教授
学位
博士(工学)
所属学会・協会
日本応用物理学会、日本表面科学会、日本磁気学会、日本物理学会、米国電気化学会
キーワード
磁性体、誘電体、磁気工学、材料物性、光学実験、電気化学実験、マイクロプローブ実験
技術相談
提供可能技術
・材料合成(各種めっき法、ゾル-ゲル法、マイクロプローブによる液中成長)
・材料評価(磁気光学、電気光学、固体電極の電気化学実験、X線・放射光実験、SPM実験)
・計測法(光学実験のソフト・ハード制御)

研究内容

研究領域

(1)磁性体(金属,酸化物),誘電体(酸化物),半導体(導電性高分子)の薄膜や微粒子を合成

(2)複合材料等の異種相の界面に発現する現象を材料機能性へ応用する研究

(3)光学実験・電気化学実験を中心とした,材料の機能性評価と,これに付随する,装置開発,計測法・解析法開発

 

研究手法

   秋田田高専の実験室では,各種化学合成法による試料作製のほか,

(1)可視光・近赤外光領域の,磁気光学効果・電気光学効果を光の旋光性や強度を計測するハードとソフトのシステムの構築

(2)高分子等凝縮系物質の複屈折特性を可視化するための偏光レーザ干渉法、表面プラズモン分光(SPR)法計測システムの構築

(3)マルチフェロイック材料の磁気分極,電気分極に基づく,磁歪効果,誘電歪,圧電歪等を制御する機能性材料の開発

(4)各種電気化学計測(i-V計測,QCM計測,EIS計測)法と,各種マイクロプローブ計測(STM,AFM,MFM,EFM)法とにより,金属,酸化物,高分子,およびこれらの複合体のナノ領域の電極反応と,ピエゾ応答による誘電体の電気分極反転との制御

その他、

(5)XRD(X線回折)法による,結晶構造解析に加え,KEKやSPring-8などの放射光実験施設での,XMCD(X線磁気円二色性)実験,XRMS(X線共鳴磁気散乱)実験

 

研究グループ

(1)磁性体と誘電体の複合材料による情報記憶装置の開発研究;

  萌芽研究(2007年~2008年,課題番号:19651054),基盤研究B(2008年~2010年, 課題番号:20310079)に関連したプロジェクトとして,秋田県産業技術センター,㈱村田製作所,物質・材料研究機構等と共同研究をすすめている。

(2)ユニット研究室による共同研究推進事業;

  2017年度より3か年計画で、炭素繊維、CFRP等を基盤とする高機能複合材料素材の開発を行う。物質・材料研究機構、(株)秋田化学工業との産学連携事業である。

 

今後の計画

(1) 材料合成→構造制御→機能性発現をセットとしたニューマテリアル創成の基盤研究

(2) 工学と異分野の融合領域のマテリアルデザイン研究課題の創出

(3) ひとづくりによる地域連携,地域産業界との連携を強化

 

提供可能な設備・機器

名称・型番(メーカー)
原子間力・スキャニングマイクロプローブ顕微鏡(AFM/SPM) 分光エリプソメーター(大塚電子,FE-50S)
電気化学計測システム(北斗電工製装置+PC制御自作システム) 可視光領域磁気光学・電気光学測定装置(自作装置)

Contact お問い合わせ

疑問などありましたらお気軽にお尋ねください。

ニーズ・シーズ調査フォームへ

参加申請フォーム(募集中)へ

お問い合わせフォームへ

address 連絡先

秋田工業高等専門学校
COC+事務局

〒011-8511
秋田県秋田市飯島文京町1番1号

TEL:018-847-6108(COC+事務局)
FAX:018-857-3191

Contact お問い合わせ

このページの先頭へ戻る